【再凍結を、解くには】

「セネバナラヌ」が、僕に重くのしかゝる。

ほかのひとには、何とも造作の無いことであらうが、さういふものだとわかツてゐるが、

怠けてゐるつもりもないのだが、さうなツてしまふ。

僕は、勝手に自分の首を絞めてゐるだけだ。

 

せめて調子の良い時に、此の日誌を書けるだけ書くことにする。

 

おはやうとおやすみがいちどに來るので、仕方が無い。

 

 

毬子

紅日毬子

紅日毬子 について

【紅日毬子--あかひまりこ】 舞台を中心に呼吸をする俳優 得意分野はひとり朗讀劇 虚飾集団廻天百眼 所属 艶かしき無邪氣 踊る座敷童
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です